口臭が気になった出来事

小さい頃か、うすうす感じていました。母親の口が臭いということに。幼いながら「臭い!」とはいえずに我慢していました。

母親の口が臭い気がする

なんで臭いのか疑問でしたが、今思えばあまり歯磨きをしてるところを見たことがありません。煙草を吸っていたのも要因の一つかもしれません。
父親も気にならなかったかなと思っています。付き合ってる頃から我慢していたのか。もう慣れたのか。気になるところです。

私の口臭対策

母親の口が臭いことから私も気をつけなければと思いました。ですが、やっぱり親子。私も歯磨きの習慣がほとんどありませんでした。
これではまずいと歯磨きをするようになりました。こんな基本的なことも出来ていなかったのかと、自分でも呆れています
その他、口がよく開きっぱなしになっているので、しっかり閉じるように努めました。
口が閉まっていなく口呼吸になると唾液が少なくなり、口臭がきつくなってしまうので注意しています。
起きているときは、気をつけていますが寝ているときはどうしても口が開いています。口呼吸のせいで寝つきもよくないですし、何より朝起きたときに口が臭い気がしてなりません。起きてすぐに口をすすいで誤魔化しています。

自分自身で口臭があるかないのか、判断出来ないのが悩みですが、歯磨きをしっかり行い、口呼吸になるよう努力を続けていきます。

口臭は悪印象を残します

接客担当の方はその店の印象に大きく影響します。その接客担当の方の口が臭いというのはその店にとってとてもマイナスとなります。

臭いは印象を変えます

口臭はその日の体調などにも影響されますし、忙しくて満足な水分補給ができないなどの理由によって起こることは理解できますが、それでも注意を払ってほしいものであります。

その店を訪れて店員の最初のたった一言で最悪の気分になってしまいます。また、口臭や体臭といった臭いはその人本人がいなくなってもそこに残りすぐには消えません。それが飲食店などであったなら席に座るころには食欲が失せているなんてことになるかもしれません。あるいは、最後に会計をするときに口臭のする人だったら、それまでがどんなに楽しい時間であったとしてもぶち壊しです。

いいお店だったのに

楽しみにしていた飲食店での食事で、予想以上に美味しい食事を終えて幸せな気分で会計を済ませようとしていたら、担当の方の息が臭いのです。

会計での金額の確認や挨拶がそれはそれは苦痛で一瞬で最悪な気分にされました。満足していただけに最後の悪臭にやられてしまい店をでるまでのちょっとした時間で吐き気を覚えるような状態にされてしまいました。そうなると店や料理の印象もぼやけてしまい、なんだか再度訪問しようという気が起きなくなりました。

接客業なので、店長に口臭が気になる指摘されました。

私は、ハード系のリサイクルショップで働いています。本業がシステムエンジニアという事で、パソコンを担当しています。
リサイクルショップなので、パソコンのチェックやクリーニングしながら接客しています。

店長は、普通の人よりも匂いに敏感という事で、口臭が臭いといわれました。口臭については、口内の消毒をしてくれる口に含んで、クチャクチャする薬用のうがいをする商品を試してみました。

しかし、匂いは改善されないという事で、内臓が悪いかと思い、病院にいきました。結果は、問題なしでした。やはり口臭だと思い、歯肉炎様に歯磨き粉を購入しました。

少し口臭が解消できたので

口臭が少し解消されたという事で、しばらくこの方法をしていました。しかし、昼過ぎると口臭が匂うという事で、糸ようじをしようして、歯の間に溜まった歯垢を取り除く事にしました。

これは、それなりに良い改善でした。私は、自分でも口臭を感じていたので、思い切ってブラウンの電動歯ブラシを購入しました。この電動ブラシには、3mm位の虫歯菌を殺す事ができる優れた商品でした。

今は、朝はまず、ひげと剃りをし、糸ようじで隙間を歯垢をある程度とり、ブラウンの電動歯ブラシに直接、歯肉炎の歯磨き粉を付けて歯ブラシをしています。最後に口臭に効く、うがい薬をしています。
この一連の作業で、口臭が改善されました。ただ、あくまでも予防なので、近い内に歯医者に行きたいと思っています。

口臭ケアについて

口臭のケアやトラブルについて、私はサービス業で会社員をしているため、お客様と接する機会がとても多くあります。
そんな中で、人の印象というものは身だしなみはもちろん、話し方であったり匂いであったり、そういうものからもイメージや印象がつくと学んだため、特に気にしています。

私の口臭ケア

たばこを吸ったあとに消臭スプレーをかけたりするのと同じように、なにか食べたらガムを噛んだり、タブレットを食べたり、そういうことでケアしています。

せっかく説明したりしても、店員の口臭や体臭など気になってしまうといい印象につながらないと思うので、お客様と話す前には必ずミント系のものなどを口に入れます。直接口が臭いなど言われたことはありませんが、やはり食べたものの匂いは少なからずするものだと思うのと、お客様の立場になっても、身だしなみが悪いことは言いやすいかもしれませんが、口臭や体臭など生理的なものに関しては思っていてもなかなか言えないと思うので、ならばこちらから常に気をつけている必要があると思います。

まれに、すごくコーヒーを飲む人の口臭や、たばこを吸った直後の口臭、ラーメンやニンニク系を食べたあとの口臭、そういったものを気にしない人の口臭で私自身が不快に思ったことがあるので、私の周りの人にはそういう思いをさせないように、と心がけています。